鮨 

弁天山美家古寿司

酢飯、手を加えたすしダネ、新鮮な山葵と煮きり醤油のバランスによって寿司の美味さを最大限に引き出す江戸前ずし。
創業1866年(慶応2年)。今なお、煮きり、ツメ、ヅケ、酢〆、昆布〆など古典的な技法を頑なに守りつづけています。

●定休日:月曜日 第三日曜日

●営業時間:
昼 11:30~14:30(14:00L.O.) 
夜 17:00~21:00(20:00L.O.) 
日、祝 11:30〜18:30(L.O.18:00)

●電話番号:03-3844-0034
浅草 寺子屋i は、浅草をもっと知ってもっと楽しむためのコミュニティスペース。
観光情報をご案内するだけでなく、伝統工芸や華道・茶道、などの日本文化を体験できるセミナーまであります。さに、さまざまな体験を通じて浅草の歴史と文化を学べる現代の「寺子屋」!
1 階にはカフェも併設されていて、昼間は茶Cafe として、夜は日本酒Bar として、ゆったりくつろげるのもウレシイ。着物を着て浅草観光を楽しみたい方には、着物レンタルとカンタン着付けセミナーもあります。
浅草をもっと楽しむならココ!浅草通スタッフが皆さまをお迎えします。
浅草 寺子屋 i- 営業時間 10:00 - 18:00(夜のイベント・講座開講日除く)
住所: 東京都台東区花川戸2-7-8
Tel: 080-3605-0369
「ビーコン(Beacon)」とは、英語で“発信機” のこと。「浅草ビーコン」という無料のアプリをあなたのスマホにダウンロードしておくだけで、ビーコンを設置したお店の近くに来ると自動的に音と振動でそのお店の情報が届いたことを知らせてくれます。しかも、この浅草ビーコンのスゴいところは、パッと見ただけで情報がすぐわかること。長い説明はなし。箇条書き程度の文章と40秒の映像のみ。まさに「百聞は一見にしかず」。スマホユーザーのことを考えた、スマホ時代の最先端の情報伝達表現を採用した「浅草ビーコン」。あなたも一度体験してみては?
使い方はカンタン。下のQR コードからサイトに行けば、すぐに使えるようになります。
浅草観光を楽しくするもう1つのツールが「浅草AR」。
「AR(拡張現実)」とは、スマホの映るカメラに映る現実の世界に、さまざま画像を加えてより便利に楽しくする機能のこと。上でご紹介した「浅草ビーコン」が無目的に歩いている人に情報を与えてくれるのに対して、目的の場所に画像を浮かべて、そこまでの距離や方向を教えてくれるのが「浅草AR」です。「浅草AR」には、いくつかの目的別チャンネルが用意されています。例えば、「浮世絵今昔比較」。浮世絵が描かれた場所に、その浮世絵が浮かんでいるため、そこを目ざして行けば、現実の世界と江戸の風景を比較して見る事が出来ます。その他にも「ご利益スポット」「お勧めのお店」「歴史名所」「伝法院通りAR」(歌舞伎のキャラクターなどが伝法院通りに浮かんでいます)などがあります。
使い方はカンタン。下のQR コードからサイトに行けば、すぐに使えるようになります。